こんにちは、すこれおです。

 

皆さん、Googleアナリティクスを始めとしたアクセス解析ツール、ちゃんと使えてますか?

個人的に、

  • 「とにかく設置はしたけどどう使えば良いのか分からない」
  • 「解析して何ができるの?」
  • 「日々のアクセス数をなんとなく見てるだけ」

という人が非常に多い気がします。笑

 

今回はそんなアクセス解析ツールの効果的な使い方入門編

今回は(というか今後もずっと)アクセス解析ツールのデファクトスタンダートであるGoogleアナリティクスを例に、

いくつかのテクニックを取り上げてみようと思います。

あ、Googleアナリティクスをまだ設置していないという方は、↓の記事をご覧ください。

=>Googleアナリティクスの設置手順

どれくらいのPV数があるのかを知る

まずは自分のブログがどれくらい見られているのかを知りましょう。

Googleアナリティクスのトップページを開くと、以下のような画面が表示されます。

Googleアナリティクスを設置した数だけサイトが表示されているはずですね。

ここで、「すべてのウェブサイトのデータ」を押してみましょう。

すると、こんな↓感じの画面が表示されます。

ページビュー数というのが一般的なPV数と呼ばれる指標ですね。

これが多ければ多いほど、人気のあるサイトだと言えます。

他にもセッション数、ユーザ数とあるのですが、

一応それぞれの単語の定義をちゃんと説明しておきましょう。

■ページビュー数

その名の通り、ページが見られた数。

一人の人がページ1を開き、続けてページ2に飛んだとしたら、合計は「2」になる。

■セッション数

セッション(接続)が繋げられた数。

インターネットを介して相手のサイトに繋ぐ時、

あなたのパソコンは「セッション」と呼ばれる「入場券」のようなものを発行されます。

この入場券が有効な内は、例えばAさんが何回サイト内のページを訪れても、

「Aさんのセッション」という一つのセッションとしてカウントされます。

つまり、Aさんがページ1を開き、続けてページ2に飛んだとしても、合計は「1」になります。

 

ですが、この入場券には時間制限がついています。(大体の場合は30分)

この時間制限の間、何も操作をしなかったり、サイトから離れてしまうと、

入場券が無効となり、次に来た時、また新しく発行されるようになります。

つまり、Aさんがページ1を開き、続けてページ2を見て、1時間ほど空いてからまたページ1を開いた場合、

合計は「2」になるのです。

ちょっとめんどくさいですが、これがセッションの考え方です。

■ユーザ数

ユーザ数はセッションに比べて少し簡単で、一日のうちに訪れた個人の数です。

一日の内にAさんがどれだけサイト内のページを見ても合計は「1」

一日のAさんとBさんという二人がサイトに訪れて初めて、合計が「2」になります。

 

それぞれの指標の意味の違い、分かったでしょうか?

ちょっとややこしいかもしれませんが、最初のうちはPV数さえ見ておけば問題はありません

サイトへの流入経路を知る

どれくらいの人が自分のサイトを見ているのか分かったなら、

次はその読者がどんな経路でサイトに辿り着いているか見てみましょう。

 

1.Googleアナリティクスの左メニューから、「集客 – すべてのトラフィック – チャネル」をクリックします。

 

すると、以下のような画面が出てきます。

  1. Organic Search
  2. Direct
  3. Social
  4. Referral

といった4つの項目が見えますね。

それぞれ、

1.Organic Search

=>GoogleやYahooなどの検索からの流入。

2.Direct

=>直接URLを打ち込んだり、お気に入りからの流入。

3.Social

=>twitterやfacebookなど、ソーシャルメディアからの流入

4.Referral

=>他のサイトや自分のサイト内のページに貼られたリンクからの流入

となります。

 

それぞれの項目をクリックすることで詳細が見れます。

例えば、Organic Searchをクリックしてみてください。

こんな↓画面が出てきます。

さすがにキーワードは晒せませんが、こんな感じで書く検索キーワードでの流入数や、

直帰率などが表示されます。

 

アクセス解析を使い慣れていないなら、まずはこのページを見て、

アクセス数の高いキーワードを確かめてみましょう。

そこから更にアクセス数を上げたり、発生報酬額を増やせるような対策が取れるはずですので。

 

 

というわけで今回は

・サイトのPV数の見方

・サイトへの流入経路の見方

をお伝えしました。

 

とりあえずは入門編なのでここまでです。

次にアクセス解析を取り上げる時は、もう少し突っ込んだ使い方をお伝えしようと思います。

 

それでは今日はこの辺で。

ではでは。


この記事が役に立ったならポチっと押してくださると嬉しいです!