こんにちは、すこれおです。

 

まだまだ続くよGoogleアナリティクスを使ったアクセス解析シリーズ。

今回は直帰率の高いページの改善です。

直帰率の概要

直帰率とは

あなたのサイトを1ページだけ見て、

「もういいや」と思って

ブラウザの「戻る」ボタンを押したり、

☓ボタンでタブを閉じてしまった人たちの割合です。

 

まぁ字面的にも分かりやすいですね。

この直帰率の平均は40%ぐらいとも言われていますが、

商品販売系のEコマースサイトだともっと低くなり、

個人のブログだと高くなる傾向があります。

 

まぁ一般的には、直帰率は低い方がサイト内のページがよく読まれているということなので、

「直帰率が低くなるように改善しましょう!」と言われることが多いです。

直帰率を改善する意味は?

で、その直帰率が低くなるように改善するとどうなるのか?

主に下記2つの効果があります。

1.訪問者が広告を目にする機会が増える

読者がサイト内の至る所に貼られている広告を見る機会が増え、

その分売上につながりやすくなります。

 

広告はただ置いてあっても見てもらえなければ完全に無意味ですからね。

この場合、後述する「ユーザを目当ての広告に行き着かせる」技術が非常に重要なポイントとなります。

2.再訪問(リピート)率を高める

また、2ページ以上の記事を閲覧したユーザは、

その後もまた同じサイトを訪問する確率がぐっと上がります。

 

何ページも見ているということは、

あなたの発信している情報がそのユーザの需要にマッチしている」ということですからね。

 

再訪問者(リピーター)が多ければ多いほど、

その分野で求められる情報を適切に発信することができているという指標になります。

 

さて、直帰率の概要が分かったところで、早速改善していきましょう。

サイトの直帰率を改善しよう

とは言え、何も情報がない状態では改善のしようがありません。

まずは各ページの直帰率を確認しましょう。

まずはページ毎の直帰率を確認する

直帰率はページ別PVのようにわざわざ自分でレポートを作成する必要はありません。

以下の手順で簡単に見ることができます。

 

1.Googleアナリティクスの左メニューから、「行動 – サイトコンテンツ – 全てのページ」をクリック

 

これでこんな風↓に一覧で出てきます。右から2列目ですね。

表内、「直帰率」と書いてあるタイトルをクリックすると、

表示順を数値が高い順、低い順と並び替えることができます。

直帰率を改善するべきページとは

「じゃあ直帰率が高いページから改善していけば良いの?」

というと決してそうではありません。

 

直帰率が高くても、ページの滞在時間が長い場合

きちんとユーザの疑問にマッチする記事を書けていて、

ユーザの疑問をきれいに解決できたということなので、特に対応する必要はありません。

 

なので、改善すべきは「直帰率が高く、かつ平均ページ滞在時間が短いページ」ということになります。

この数字の高い低いというのは記事の長さなどによっても変わってきますが、

大体の目安で言うなら、

直帰率:80%以上

平均ページ滞在時間:1分未満

を改善の対象としておけば問題ないでしょう。

 

では、自身のGoogleアナリティクスの表から、条件を満たすページを探してみてください。

直帰率の改善する具体的な方法

1.滞在時間30秒未満 : 記事内容の書き換え

マジかよ・・・と思った人がいるかもしれませんが、マジです。笑

滞在時間が30秒にも満たない場合は、

そもそもユーザが求めている内容が書かれていないケースが非常に多いです。

 

特に記事タイトルと内容におおきな乖離がある場合ですね。

 

タイトルに「超簡単!誰も知らない~~の裏ワザ!」みたいなタイトルなのに

中に書いてあるのはありきたりな内容ばかりだったり、

実は超めんどくさい内容だったり・・・。

 

この場合は記事タイトルと、ユーザが欲している情報を今一度考え直し、

きちんとタイトルに沿った記事を考えましょう。

2.滞在時間1分未満 : 目次の作成

みなさんちゃんと記事の目次作ってるでしょうか?

文章ばかりがぎっしり詰まった記事だと、

それを見ただけで「なんか難しそう」と敬遠されてしまい、

すぐに引き返してしまう人が一定数出てきます。

 

そんなユーザがひと目で自分の欲しい情報を見つけられるようにする為、

きちんと記事ごとに目次を作りましょう。

 

とは言え一つ一つ自分の手で作るのは手間なので、

テンプレートの標準機能プラグインを使いましょう。

 

賢威7なら、以下の手順で見出しに目次を自動生成することが可能です。

1,Wordpressの左メニューの「賢威の設定」をクリック

 

2,画面下部、「投稿ごとの目次を自動で生成する」の「無効にする」のチェックを外す

 

プラグインなら、「Table of Contents Plus」というのがお薦めです。

※ただし、賢威に使うと機能が競合して、目次が表示されないケースがあります…

3.滞在時間1分以上 : 関連記事へのリンクを貼る

滞在時間が1分以上であれば、記事の内容はそこそこ読まれていると判断できます。

この場合は他にユーザが興味を抱きそうな記事を取り上げて、

こっちの記事も読んでみてください」と誘導することで直帰率の改善が割りと簡単にできます。

 

お試しあれ。

まとめ

というわけで、今回は直帰率に関するアレコレでした。

特にPV数が多いページには関連記事のリンクを貼るだけで

大幅に直帰率が改善できることがあるので、これだけでも試してみてください!

 

それでは今日はこの辺で。

ではでは。


この記事が役に立ったならポチっと押してくださると嬉しいです!