こんにちは、すこれおです。

 

Googleサーチコンソールはそれ単体でも

サイトへの流入キーワードなんかを具体的に表示してくれる便利なツールですが、

Googleアナリティクスと連携することでその真価を発揮します。

 

なので今回はアナリティクスとサーチコンソールの連携方法と、

それによって何ができるのか、を解説していこうと思います。

アナリティクスとサーチコンソールを連携してできること

サイトへの流入前の情報を収集できるサーチコンソールと、

サイトへの流入後の情報を収集できるアナリティクスを連携することで、

ページ別の流入キーワードや、検索結果からのクリック率が見れるようになります。

 

こんな↓感じですね。

 

これを見ることで、

例えば「平均掲載順位が高いにも関わらず、クリック率が低い」ページがあった場合、

その記事のタイトルや検索結果に表示されるディスクリプションに悪い点がある、

というようなことを推測できるようになります。

 

アクセス数の改善に非常に役立ちますので、

アナリティクスとサーチコンソールの両方を使っているのであれば、

絶対に連携しておいた方が良いです。

 

それでは、実際に連携していってみましょう。

※それぞれまだ登録していない場合は、下記の記事を参考に登録してから先に進んでください。

Googleアナリティクスの設定手順

Googleサーチコンソールの設定手順

アナリティクスとサーチコンソールの連携手順

1.アナリティクスの左メニューから「集客 – Search Console – ランディングページ」をクリック

 

2.「Search Console のデータ共有を設定」をクリック

 

3.画面下部の、「Search Consoleを調整」をクリック

 

4.ちょっと分かりにくいですが上の方に戻り、「編集」をクリック

 

5.新しいタブが開かれ、アナリティクスに連携するサーチコンソール上のサイトが出て来るので、対象のサイトを選択して、「保存」をクリック

 

6.ポップアップが出て来るので「OK」をクリック

 

7.元のタブに戻り、「完了」をクリック

 

8.「保存」をクリック

画面上部に「完了しました」と出てきたら連携が設定できました。

 

再度アナリティクスで、「集客 – Search Console – ランディングページ」にアクセスすると、ページごとの流入キーワードなどが見れるようになります。

ただし、設定した直後ではまだサーチコンソールからアナリティクスにデータが移しきれてないので、時間を置いて、後日見るようにしてください。

 

それでは今日はこの辺で。

ではでは。


この記事が役に立ったならポチっと押してくださると嬉しいです!