こんにちは、すこれおです。

 

前回の記事でASPへの登録が完了しましたね?

自分の興味のある分野は決まったでしょうか?

もしまだ決まっていないのであれば、この記事の内容を読んでもう一度どの商品、分野でいこうか考えてみてください。

 

今回はどういう内容のブログを作っていくのか?を決めていただく為に、そもそもブログにはどういうタイプのものがあるのかを説明していきます。

稼ぐためのブログの種類

その1.体験談型

ひとつ目は体験談型。

例えば自分で婚活サイトなんかに登録して、その後の婚活の進み具合を逐一体験談として報告していくタイプです。

月額制のサービスなんかと相性が良いですね。

すこれお的には初心者には一番お薦めのタイプです

メリット

このタイプのメリットとしては、自分で体験した内容をそのまま書いていくので記事のネタに比較的困らないこと。

※逆に言うと行動しないと想像で記事を書くしかなくなるわけですが。

また、自分が好きで、あるいは必要性が合ってサービスを使っているはずなので、他のタイプよりも圧倒的に継続しやすいことが挙げられます。

あと体験談というのは登録しようかどうか悩んでいるユーザがよく探すものでもあるので、PV(サイトの閲覧数)が稼ぎやすいです。

デメリット

体験談という形なので、作成にリアルな時間がかかります

ブログの作成だけじゃなくて、実際にサービスを使ってみないといけないわけですからね。

それがめんどくさいとなると、この部分はかなりのデメリットに。

(まぁ最初に登録したものが合わないなら紹介するサービスを変えるのもアリです)

 

その2.お役立ち情報紹介型

ふたつ目はお役立ち情報紹介型。

人々が持っている悩みを解決できる商品を探して、記事内で紹介していくタイプです。

例えば薄毛で悩んでいる人に対して、「この健康食品には増毛効果がありますよ!既に使用した方のレビューもこんなに!」みたいな記事を量産していく感じですね。

メリット

"悩み"っていうのは商品の購買に最も結びつきやすい動機なので、当たりの記事(検索で上位表示される記事)が作成できれば一度ハマれば最も稼ぎやすいタイプになります。

一つの商品がダメでも次々に他の商品で記事を作成していけるのも強みですね。

言い方は悪いですが、数撃ちゃ当たる方式です。

デメリット

デメリットとしては、まず"売れる商品"を探すのにそこそこ時間が取られること。

体験談型なら登録したサービスを使い倒して良い所を探していけばいいだけですが、こちらの場合は紹介する商品ごとに一つずつ長所を探さないといけません。

あと実際に自分で商品を使ってみて記事を書くのなら良いのですが、そうでない場合は記事の内容が薄っぺらになりやすいです。

ブログって広告を置いておけば売れる訳ではなく、紹介する記事の内容に説得力を持たせないといけません

商品を実際に使ってないのに説得力のある記事が書けるのか?と言うと正直難しいでしょう。

その3.日記型

三つ目は日記型。

こちらは日々あったことをつらつらと書いていくタイプです。

一昔前ならmixiとかで流行ってましたね。

メリット

文章を書くのが好きあれば、これも非常に継続しやすいです。

あと、常連の読者がつく可能性が他より高いので、商品紹介時の反応率が良くなります

デメリット

メインが日記になるので商品の紹介がしづらく、他の二つに比べて稼ぎにくいです。

しかもただの一般人の日記なんて読みたいという人はあまりいないので、毎回オチをつけたりして読みてを惹きつける内容にしないといけません。

そういうのが得意な人なら良いのですが、関西人でも毎回おもしろいオチを求められるというのはなかなかプレッシャーです。笑

 

日記タイプの場合は稼ぐことを目的にするよりも、日記がメインの目的で、稼ぐのはおまけ程度で考えておく方が良いでしょう。

 

結局どのタイプのブログが良いのか?

大体分かるかと思いますが、アフィリエイト初心者であれば「体験談型」を強くお薦めします。

理由は上で述べているメリットの通りですね。

特に嫌がる理由がないのであれば、それを軸にして、再度紹介する商品や分野を探してみてください。

体験談として続けられそうなやつを。

 

あと一つ覚えて置いて欲しいことがあります。

それは、「ブログは商品を売る為の場所ではなく、ユーザーに有益な情報を与えるためのもの」だということ。

これを忘れてひたすら売り込もうとすると、読者は拒絶反応を示して離れていきます。

今はあまり実感が沸かないかもしれませんが、これだけは心の隅に留めておいてください。

 

それでは今日はこの辺で。

ではでは。


この記事が役に立ったならポチっと押してくださると嬉しいです!