こんにちは、すこれおです。

 

テンプレートを設置した前回の記事に引き続き、Wordpressの設定をこつこつとやっていきます。

今回はパーマリンクについて。

パーマリンクとは?

パーマリンクとは「Permanent Link」の略で、要するに一つ一つの記事のURLのこと。

例えばこの記事でも、「http://scoleon.com/afi-entry/wordpressのパーマリンク設定でseoを強化!/」っていうURLがブラウザの上の方に表示されていますよね。

この青字の部分がカテゴリー名で、金字の部分が記事個別のURLになります。

 

このブログのURLがそういった構成になっているのは、すこれおが「http://scoleon.com/[カテゴリ名]/[個別の記事名]」っていう設定にしているからであって、Wordpressをインストールした直後だと「http://scoleon.com/id-○○/」みたいな形式になっています。

パーマリンク設定を変更する意味

「デフォルトで「http://scoleon.com/id-○○/」っていう設定がされているならそれじゃダメなの?」

と思いませんか?

 

絶対ダメ・・・とまでは言いませんが、あんまり良くありません。

理由は二つ。

  1. ユーザ目線で見た時に、何のページかひと目で分からない
  2. SEO的にも弱い

です。

1.については、まぁ実はそんなに重要じゃないです。

「http://scoleon.com/id-○○/」っていうアドレスだと人ひと目で何のページかわからないじゃないかーということなんですが、URLだけ見ることってほぼないですしね。

Googleの検索結果には記事タイトルが出てきますし、ページにリンクを貼る場合はリンクの言葉を変えればいいだけです。

 

問題は2.の方。

Googleの検索結果の順序付けって、当然人の手ではなくGoogleの作成したロボットがやっています。

そのロボットは記事のタイトルやURLを見て、ちゃんとブログのカテゴリにあったコンテンツが作られているか、などを判断するんですね。

ちゃんとカテゴリにあったコンテンツを作っていれば検索エンジンからも評価され、上位表示される可能性が上がります。

 

ですが、このURLがデフォルトの「id=○○」のままだと、そういった判定ができず、SEO的に弱いまま、となってしまうわけです。

だから、ちゃんとカテゴリーや記事の内容を明記したURLにした方が良い、ということですね。

というわけでパーマリンクの設定を変えよう

1.Wordpressの画面左のメニューから「設定 – パーマリンク設定」をクリック

 

2.「カスタム構造」を選択し、右の空欄に「/%category%/%postname%/」と入力して、画面下の方にある「変更を保存」をクリック

 

以上で完了です。

パーマリンクの設定は後で変えることもできますが、リンクの反映までには多少時間がかかるので個別の記事に一時的にアクセスできなくなります

また、せっかく上位表示される記事がいくつかできていてとしても、URLの構造を変えることで順位が下がってしまうこともありますので、必ず最初に設定しておきましょう。

 

それでは今日はこの辺で。

ではでは。


この記事が役に立ったならポチっと押してくださると嬉しいです!