こんにちは、すこれおです。

 

ドルー・エリック・ホイットマン著、『現代広告の心理技術101』の解説六回目。

 

「ブログに月1万件以上のPVはあるのに、数万円も稼げていない…」

ということはありませんか?

もしかしたらそれは、読者があなたの記事をほとんど読まずに離脱してしまっているせいかもしれません。

 

読者に記事を最後まで読み進めてもらうため、あるテクニックを知っておきましょう。

読者の60%以上は最初の数行しか読まない

まず最初に覚えておかなければならないのが、例え読者がブログに訪れたとしても、

そのほとんどは記事を全部読んでいるわけではないということ。

 

自分がネットサーフィンをする時のことを考えればわかるかもしれませんが、

読者がネットを検索するのは大抵、以下の条件に当てはまった時です。

  1. 何か調べ物をしたい
  2. 手っ取り早く答えが欲しい
  3. しかも無料で

で、自分の辿り着いたサイトにその答えが乗っていそうかどうか、読者は記事タイトルと、最初の数行で判断します。

 

そこで自分の思ったものと違いそうであれば、すぐにブラウザの「戻る」ボタンを押して離脱してしまうわけですね。

 

『現代広告の心理技術101』の中では、

人々は広告を目にした時、最初の数行しか読まない人が60%以上だと書かれています。

 

あなたが丹精込めて1000文字以上の記事を書いても、

ほとんどの人はその数行しか読まないということです。

 

そりゃ、広告にもたどり着かないんですから売上も上がりませんよね…。

じゃあ、どうすれば良いのか?

 

答えは意外と簡単です。

タイトルと書き出しに最大のメリットを入れる

ブログであれば、記事タイトルとその書き出し、最初の数行に、

あなたの記事を読んだ後に得られる最大のメリットを書けば良いんです。

それも具体的なメリットを。

 

例えばブログのタイトルに、以下の二つのコピーがあったとします。

  • 今だけあの人気商品が安い!
  • 【今週限り!】年間売上第1位の○○が最大50%オフ!

って書かれていた場合、どちらを読んでみたくなるでしょうか?

 

…ほぼ間違いなく、後者ですよね?

それだけ、あなたが得られるメリットが明確なんです。

 

誰だって、その記事に自分の知りたいことの答えが載っているんだと分かっていれば、

最初の数行で離脱せず、最後まで記事を読み進めます。

 

記事を読み進めてもらえる確率、つまり精読率が高くなればなるほど、

読者に広告に辿り着いてもらえる可能性も高まりますし、

人は長い期間触れたものに愛着を持ちやすくなります。

簡単に言うとファン化するわけです。

 

購入率を最大限上げる為に広告に組み込むべき6つの要素【前編】という記事の中でも説明しましたが、

顧客に好意を持ってもらう、というのが売上を上げるための非常に強力な要素でもあるので、

最終的に売上を上げるためにも、まずはあなたの書いた記事をできるだけ精読してもらう為の手段を講じてみてください。

 

同じPV数でも、全然売上が変わってくるはずですよ。


この記事が役に立ったならポチっと押してくださると嬉しいです!