こんにちは、すこれおです。

 

サイトのサブタイトルとして「3年以内に本気で1000万稼ぐ為の羅針盤」という言葉を掲げていますが、サラリーマンが年収1000万を稼ごうとするにもいくつか方法はあります。

 

今回はそれらについて具体的な方法を上げ、3年以内に年収1000万を達成するのに一番現実的なのはどれなのかを見ていきます。

年収1000万を目指す為に

まず、サラリーマンが収入を上げる代表的ないくつかの方法について見ていってみましょう。

サラリーマンが収入を上げる方法

出世

サラリーマンとしての給料を上げるのであれば、一番まっとうな手段ですね。

特に日本はなんだかんだ言っても年功序列の形式が残っていますから、

日々真面目に仕事をこなしていれば、際立った成果を上げずとも確実に給料は上がっていきます

 

ただ、この方法には一つ大きな欠点があります。

それは、出世には非常に時間がかかるということ。

毎年いくらかずつ給料は上がっていくでしょうが、給料を大幅に上げる為には一般的に管理職以上になる必要がありますし、それを2年や3年で達成するのは難しいです。

 

短くて5年、長ければ10年以上のスパンで見積もらないと、収入を大幅に上げることはできません。

「3年以内に」というのはよほどのことがないと難しいです。

転職

次に転職。

サラリーマンなら誰しも一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

僕はあります。笑

(転職しても状況がさほど変わるわけではないと気付き、結局しませんでしたが・・・)

 

転職は前述した社内での出世を目指すよりも即効性があります。

一般的に、同業の会社であれば前職でもらっていた給料以上は保証されるところが多いので、

うまくいけば、50万から100万単位で給料を上げることも可能です。

 

僕の知り合いにはベンチャーから大企業に転職し、一気に250万ぐらい年収が上がったという人もいます。

(まぁ、元々めちゃくちゃ優秀な人だったので前が少なすぎたのですが…)

 

ただ、残念ながらそこまでなんですよね…。

結局転職した後の昇給は入った会社の制度に依存しますし、自分の意思と努力で年収をどんどん上げていく、ということはできません。

人間関係がリセットされたりするのも、僕みたいなコミュニケーション能力が高くない人間によってはデメリットです。

 

…正直、出世や転職など、会社の給料だけで3年以内に年収1000万を達成しようとするのは無理がある、というのが実情です。

副業

最後に副業。

副業と一口に言ってもやりかたは色々ですね。

ですがどの手段を取ったとしても、3年以内に年収1000万を目指すのであれば、一番副業が現実的です。

 

なぜなら、自分の努力次第で青天井に収入を増やせる可能性があるから。

 

もちろん、それだけの額を稼ぐのは簡単なことではありませんが…。

実際に収入を増やそうとした場合、どういった副業があるのかもう少し掘り下げてみましょう。

収入を増やすことができる副業の種類

1.クラウドソーシング

一つ目はクラウドソーシングなんかで仕事を請け負うというもの。

クラウドワークスやランサーズといったサイトが有名ですね。

 

記事のライティングなんかの簡単なものから、

プログラミングなどの専門的なスキルが必要なものまで色んな案件があります。

 

自分の本業で身に付けたスキルが活用できるのであれば、

これだけで月に10万ぐらいは普通に稼げます。

2.転売

最近は中国の転売ヤーが新発売のiPhoneなんかを大量に仕入れて転売する、といった社会問題?にもなっていますが、商品を安く仕入れて高く売る、というのは商売の基本的な形態です。

 

一昔前まではヤフオクの独壇場でしたが、今では個人間で気軽に商品の売り買いができるメルカリなんかも登場しているので転売だけで稼いでいる人もたくさんいますね。

 

「商品を探す」という部分を消費者の代わりに行って、その分の手間賃を上乗せして売る。

市場に出回っている商品の中にもぼったくりと言われるレベルのものはほとんどないので(だってあんまり高いと売れないし)、「仕入れ→販売」の流れを繰り返せばかなりの確率で儲けが出ます。

初日から売上を上げることもできますし、手間さえ惜しまなければある意味最も安定感のある副業です。

3.投資

そして投資。

株やFXから始まり、不動産投資や先物取引などいろいろありますね。

 

上手く行けば何百万から何千万、あるいは何億というお金を得ることができる投資ですが、

大きな問題点が二つあります。

 

一つは、投資を始めるには種銭となるそれなりに大きなお金が必要であること。

少なくとも100万ぐらいの種銭がないと、投資の世界に入ることはできません。

いや、入ることはできるのですが、労力に対して得られる利益が極めて少ないです。

 

二つ目は、リスクが大きいということ。

FXなんかで大失敗をして一瞬で何千万という借金を背負ったというニュースがネット上には溢れていますね。

大きな変動があった翌日は、東京の電車がよく止まります。

(FXで大損した人の飛び込みがあるから、というもっぱらの噂です)

 

FXだけでなく、不動産投資なんかも失敗すれば百万単位のお金を失うことになります。

正直、サラリーマンとして働く傍らで、これだけのリスクを抱えるのはあまりにも無謀です。

4.アフィリエイト

最後にアフィリエイト。

自分のブログやメルマガを作り、そこに商品やサービスの広告を載せて、そこから読者が商品を購入してくれれば報酬が発生する仕組みですね。

 

これまで上げた副業の中では、一定以上の利益を上げるまでに一番時間がかかる方法です。

 

ブログやメルマガを作るのにある程度の勉強をする必要がありますし、

ブログを作成したとしてもまず三ヶ月は報酬なんて出ません。

(逆に、三ヶ月以内に報酬が上がるようならめちゃくちゃセンスがあります。笑)

 

ですが、一度仕組みを作り上げてしまえが、自分が何かしなくても自動的にお金を稼いでくれる手段になり得ます。

それこそ自分が会社に行っている時でも、遊んでいる時でも、果ては寝ている時でさえ。

作り上げた仕組みが自動的にお金を生み出してくれます。

 

販売する商品やターゲットを意識して、戦略を持って動くことさえできれば一ヶ月で100万以上の収入も夢ではありません。

……当然、そのレベルに達するまでには相応の労力が必要となりますが。

 

 

また、最初の投資金額とリスクが少なくても済むのも副業としてアフィリエイトを選ぶメリットですね。

初期投資はレンタルサーバー代やドメイン代などせいぜい数千円。

そこに一番メジャーな教材を買ったとしても、合わせて3万円程度です。

 

仮に数ヶ月後何の成果も出なかったとしても、失うのはそれまでに投資した金額と時間だけ。

それ以上の損失は何一つありません。

 

仕事を終えて家に帰ってからの時間でもできますし、サラリーマンが大幅に収入を増やしたいのであれば、一番現実的で、かつ大きな可能性のある手段だと言えます。

※このブログの右上にある、プロフィール欄を見てもらえば、サラリーマンである僕がこれまでに上げた売上の一部が見れます。

まとめ

今回のまとめとしては、

  • 3年以内に年収1000万を達成しようと思ったら、会社の給料だけでは足りない
  • 年収1000万を達成する為の副業として、最も現実的なのはアフィリエイト

となります。

 

「3年以内に年収1000万を達成する為の方法をもっと詳しく知りたい」

「アフィリエイトって何から始めたらいいの?」

という方は、ぜひ僕のメルマガに登録してみてください。

 

今なら「誰でもすぐに5万稼げるセルフバック手順書」をプレゼント中ですので。笑

=>一日一時間の副業で年収1000万を目指す為のメルマガに登録する

 

それでは今日はこの辺で。

 

ではでは。


この記事が役に立ったならポチっと押してくださると嬉しいです!