こんにちは、すこれおです。

 

大学3年の終わり頃、

「大企業に入って友人の誰よりも稼げるようになってやる!」

「誰よりも早く昇進して30歳までに年収1000万稼げるようになってやる!」

そういう強い思いを胸に就職活動をしていた人は多いのではないでしょうか?

 

でも、もしあなたの目的が"昇進すること"ではなく"稼ぐこと"にあるのなら、

会社の仕事を頑張るのって意外と効率が悪いです。

 

今回は会社と副業、その両方で努力してある程度の結果を出してきた僕が至った、

稼ぐための努力に関する結論を話してみようと思います。

 

まぁ結論から言うとタイトルの通り、

「同僚や友人より稼ぎたいのなら会社の仕事を頑張らない方がいいよ」

ということなんですが。

会社で努力していた頃のすこれお

「大企業に入って友人の誰よりも稼げるようになってやる!」

「誰よりも早く昇進して30歳までに年収1000万稼げるようになってやる!」

 

僕も就職活動をする時に、こんな風に思っていた内の一人です。

(今思えば根拠のない自信に満ち溢れていた無知な学生の一人でしかなかったわけですが。笑)

 

そういう思いをもって都内のITの起業に就職した僕は、

入社してから3年ぐらいはとにかくがむしゃらに頑張りました。

 

毎日遅くまで残業し、会社から言われるままにひたすら勉強して資格を取り、

休日に行われる社内の勉強会やイベントがあれば率先して参加しました。

 

おかげで入社して3年が経つ頃には社内で「資格マニア」と揶揄される程度の数の資格を取り、

勉強会にも参加していたおかげで別の部署のエラい人なんかにもそれなりに顔が知れ、

喫煙所で会って世間話をする程度の仲にはなりました。

 

…特に資格に関しては基本的に毎日通勤時間はずっと参考書や問題集を読んでいたので、

3年で数百時間は費やしたんじゃないでしょうか。

 

いい大学に入れるようにと、受験勉強を頑張っていた高校生以来の勉強量です。

 

 

とまぁそうやって社内で評価されるように努力を続けてきたわけですが、

残念なことにそれらの行動は給料にほとんど反映されませんでした

 

資格取得の報奨金ということで数万円のお金をもらうことはできましたが、

その年度の評価が目に見えてよくなることはなく、

昇進も多くの同期たちと同じタイミングでした。

※その同期のほとんどは資格なんて取っておらず、社内の勉強会でもまったく見かけたことのない人たちです。

 

 

それなりの規模の会社になると、社員の評価制度って、

誰かを上げるためには誰かを落とさないといけないところが多いです。

いわゆる相対評価。

 

でも、会社の仕事っていうのはテストの点数みたいに絶対的な基準があるわけでもなく、

これといった失敗をした人がいなければ、誰かの成績を極端に上げることって難しいんです。

 

つまり、自分の努力がそのまま反映されないわけですね。

 

 

会社で努力しても自分の給料が人より上がるわけではない。

 

それに気づけたことが、

僕が社会人始めの3年間、20代前半という貴重な時間を費やして得た最大の収穫でした。

会社"以外"で努力し始めたすこれお

会社で努力しても意味がない(ゼロではないでしょうが…)ことに気づいた僕が、

それ以外で稼ぐ方法を探すことにしました。

 

とは言っても何の情報もなかったので、

ネットで副業について調べることが中心です。

株やFXを初めてみようかと、「お金の増やし方講座」みたいなセミナーに参加したりもしました。

(そしたら30万円以上する投資講座を薦められましたが…笑)

 

そうやって色々と調べたり試したりする中で、

最終的にアフィリエイトを中心としたネットビジネスの存在を知りました。

 

その後まぁいろいろあって

アフィリエイトのビジネスモデルに個人でも大きく稼げる可能性を感じた僕は、

自分でも実際に初めてみることにしたんです。

※だいぶはしょっています。詳しいことはメルマガとかで書いていますので気になる方は登録してみてくださいな。

 今なら誰でもすぐに5万円ぐらい稼げる手順書をプレゼントしています。

=>メルマガへの登録はこちらから

 

 

そしたら、

一年後には月20万稼げるようになってたわけですね。

当然、会社の給料とは別で。

 

ちなみにこの期間の努力量は会社で資格を一つか二つ取るのと同じくらいでしょうか。

※たぶん、合計したら一日一時間も作業してません。

毎日勉強して、試験に受かっても給料は一円も上がらなかったのに、

同じ努力を一年続けたら月20万稼げるようになったんです。

 

それくらい稼げるようになると、

会社で誰よりも早く昇進していた同僚や、

誰もが名前を知っている大企業に就職した友人

果ては10歳以上年上の自分の上司よりも大きな金額を一人で稼げるようになっていました。

 

しかも、彼らより圧倒的に少ない労力で。

 

20代前半という、若い貴重な時間を会社で浪費していたのが馬鹿みたいですね。

まとめ

というわけで、他の人達よりも稼げるようになりたいのなら、会社の仕事で努力するのは非効率です。

あなたがお金よりも、他者からの尊敬や名誉みたいなものを重視するのなら話は別ですが…。

 

人が持っている時間の総量は決まっていますし、

その中で自由に使える時間というのは限られています。

 

しかし、効率の良い努力をすることで、将来的に自由な時間を増やすことはできるんです。

 

どうせなら、効率的な努力をしてみませんか。


この記事が役に立ったならポチっと押してくださると嬉しいです!