こんにちは、すこれおです。

 

LUREA(ルレア) のレビュー記事二回目。

今回は月10万以上の報酬が現実的になってくる、ミドルレンジ戦略について。

 

ミドルレンジ戦略は非常に単純なコンセプトなのであまり迷うこともなく作業がしやすいのですが、

いくつかのポイントにだけ気をつけておかないと、

数ヶ月後の成果に天と地ほどの差がついてしまいます。

 

何も考えずに作業してしまうと、

寝る間も惜しんで頑張ったのに成果はおやつ代にもならないくらい…

になりかねないので、最低限、この記事の中に書いてあることは意識しておいてください。

 

まずはLUREAをまだ読み込めていない人のため、

ミドルレンジ戦略の概要から説明していきましょう。

ミドルレンジ戦略の概要

LUREAのミドルレンジ戦略は、簡単に言えば

「1ブログで1つの商品を徹底的に紹介する」

という戦略です。

 

ターゲットとなるのは、その商品のことを既に知っていて、購入しようかどうか迷っている人たち。

 

ある商品の情報を自分で情報を調べようとするユーザというのは非常に購買意欲が高いので、

ある程度のアクセス数を集め、商品の持つメリットを確実に伝えることができれば、

非常に成約率は高くなる傾向にあります。

 

そういった良質なアクセスを集める為に、検索順位の変動しやすい無料ブログよりも、

自分でブログを作って特定の商品に関する記事を買きまくり、

、SEO対策を行って検索順位の上昇を図るのが、ミドルレンジ戦略の大まかな戦略です。

成果につながる3つの要

一つのブログで一つの商品を紹介する。

ミドルレンジ戦略はそういった非常にシンプルなコンセプトですが、

ただ何となく商品を選び、商品の販売ページに書いてある情報をまとめるだけでは、

売上はなかなか伸びません。

 

大きな理由は二つ。

  • 大抵の商品には競合サイトが存在する
  • ターゲットが「商品のことを知っている人」だけなので母数が少ない

です。

 

これらの売上が伸びない要因を取り除くため、

最低でもこれから書く3つのポイントに関しては注意をしておきましょう。

商品は必ず複数比較して一番良いモノを選ぶ

まず最初に、商品を選ぶ際の注意です。

 

大前提として、世の中には売れやすい商品売れにくい商品というものが存在します。

同じような記事構成で同じような位置、数の広告を載せていても、

選ぶ商品が違うだけでその報酬額は10倍以上違ってくることがザラにあります。

 

それなら当然、売れやすい商品を紹介したいですよね?

 

 

…では、どうやって売れやすい商品を選ぶのか?

 

簡単です。

 

広告を載せる商品を選ぶ際は、必ず同じジャンルの商品を複数比較し、一番良いものを選んでください。

あなた自身が良いと思う商品は、大抵の人が良いと思うものなんです。

 

ライバル商品と比較した結果というのは記事にしやすいですし、

その商品だけの紹介をするよりも、内容に説得力が出ます。

 

これを行わずに適当に商品を選んでしまうと、

ただ作業時間が取られるだけで、いつまでも成果がでないということにもなりかねないので、

必ず商品を選ぶ際はライバル商品との比較を行うことをおすすめします。

キーワード選定に力を惜しまない

次に、キーワード選定に力を惜しまない、ということ。

 

ミドルレンジ戦略では購入意欲が高いユーザをターゲットにしている為、

ブログへのアクセス数がそのままダイレクトに売上につながります。

 

なので、検索結果に上位表示できるキーワードを探すことの重要性が、

他の戦略よりも非常に高くなります。

 

キーワード選定でやるべきこととしては、

・商品名で検索した時のGoogleの関連ワードのチェック

 ※これ↓

 

・キーワードの上位表示のしやすさをチェック

・そのキーワードで検索した時に出てくるライバルサイトのチェック

などがあります。

 

これらの作業、毎回手でやっても良いのですが、もしめんどくさいという方には

「キーワードスカウターS」というツールをおすすめします。

※僕も使ってます

 

関連キーワードの抽出から上位表示しやすいキーワードの発掘、

そしてライバルサイトの多さ検証までやってくれる非常に便利なツールです。

 

月額制などではなく買い切り型ですし、価格もさほど高くないので、

効率的に作業したい方は是非詳細を確認してみてください。

=>「キーワードスカウターS」

"売る"のではなく"お薦めする"スタンス

そして次に実際に注意しておくべきなのが、

"売る"のではなく"おすすめする"」というスタンスの文章を書くこと。

 

ネットで情報を検索をする人というのは、非常に広告に敏感であり、

相手の思うとおりに動いて商品を買ってしまうことに対して強い嫌悪感を抱いています。

 

「相手の思い通りに商品を買わされてたまるか!」

という感じですね。

 

たとえ本当に良い商品でも売り込み要素が強すぎると、

「相手の思い通りに動かされるのがイヤだ」というただそれだけの理由で、

購入にいたらない、というケースも非常にたくさんあります。

 

なので、あくまでブログに載せる広告は、

「もしお悩みならこんな商品もあるよー、自分も使ってみたけど良かったよー」と、

おすすめをするという程度のスタンスでいてください。

 

具体的なイメージとしては、

自分の好きな音楽や漫画なんかを、友達にすすめる時ぐらいの感じでいると、

売り込み要素が強くなりすぎずに済みます。

まとめ

というわけで、今回のまとめとしては、

  • 商品は必ず複数比較して一番良いモノを選ぶ
  • キーワード選定に力を惜しまない
  • "売る"のではなく"お薦めする"スタンス

という3つになります。

 

特に最初の頃は”商品を売りたい”という気持ちが激しすぎて、

相手が引いてしまうくらいに売り込み要素が強くなってしまうことがあるので、

三つ目に関しては特にご注意を。

 

 

それでは今日はこの辺で。

ではでは。


この記事が役に立ったならポチっと押してくださると嬉しいです!