こんにちは、すこれおです。

 

「副業をやるメリットってちょっと収入が上がるだけで、

 作業自体も面倒だし会社にバレないようにしなきゃいけないしで

 結局デメリットの方が多いのでは?」

なんて考えていませんか?

僕も一時期そう考えていました。笑

 

が、実際に副業を始めて成果が出るようになると、

収入以外にも、普通に会社員やるだけでは得られなかった大きなメリットがあることに気が付きました。

 

今回は僕が副業を始めて体感した、

具体的なメリットとデメリットについてお伝えしようと思います。

メリット

まずはメリットから。

収入が増える

まぁこれは当然ですね。

 

月5万円ぐらいの副収入でも十分なゆとりができますが、

月数十万ぐらいの稼ぎが出てくると、

貯金額がエラい勢いで上がっていきます。笑

 

もちろん、副業分は後で税金を納めないといけないのですが、

それを差し引いてもこれまでの数倍以上のペースで総資産が増えていきます。

 

数あるデメリットを考慮しても、これだけでも副業やる価値はめっちゃあります。

起業家や他業界の人脈が得られる

そしてこれも非常に大きなポイント。

 

副業をやっていてある程度成果が出てくると、

大抵の場合はもっと大きな稼ぎを得る為に自分より詳しい人に教わったり、

同じような悩みを抱えている人の集まるコミュニティに参加したりして、

他の人との関わりを持つようになります。

 

その活動の中で出会える人って普通に会社員をやっているだけでは

まず知り合う機会すらない人たちばかりで、

例えば、

  • 毎月旅行しながらパソコン一台で月100万以上を悠々稼ぎ出す自由人
  • 週休5日~7日で年間億を稼ぎ出す新しいスタイルの起業家
  • そういった人たちを相手に仕事をする、弁護士や会計士

などなど。

 

僕はそういった人たちと出会うようになってから、

会社という組織がいかに狭いものだったのかを痛感しました。

 

人脈っていうのはお金にも仕事にも、

そして生涯の資産にもなり得るものなので、

もしかしたら収入よりもこちらの方が貴重かもしれません。

リスク回避

そして副業はリスク回避にもなります。

ここで言うリスクといのは単純に「会社が倒産した時・クビになった時」といった限定された話ではなく、

例えば

  • 親が倒れてお金が必要 or 実家に帰らなくてはいけなくなった場合
  • 奥さんや旦那さんの転勤で別の地方や海外に行く必要が出てきた場合
  • 地震などの災害でその土地に住み続けることができない場合

など、急にまとまったお金が必要になったりするケースは多々あります。

 

こういったことが起こった時、

会社勤めであればその時住んでいる土地から大きく離れるのは難しいですし、

場合によっては転職する必要も出てきます。

 

特に都会から田舎へ、っていう状況だと収入が激減する可能性すらありますよね。

副業はそういう場合での金銭的なリスクを最小限に抑えてくれます。

時間を無駄に使わなくなる

普通に仕事をしているとどうしても自分の自由に使える時間というのは貴重なので、

普段家にいる時や、休日なんかもダラダラすることがなくなります。

 

僕も以前は休日やその前の日には家でお酒をガンガン飲み、

翌日は昼過ぎまで寝ている…という自堕落な生活をしていたのですが、

副業の成果が出てきて「あれもやりたい、これもやりたい」という状態になってくると、

時間を捻出するためにそうしたムダな時間をなるべく省くように行動するようになります。

 

特にすることがなくスマホでゲームやニュースサイトで時間を潰していた通勤時間も、

本を読んだり情報収集をしたりして、非常に有意義な時間の使い方をするようになりました。

成果がそのままお金になることの達成感

そして最後はコレ。

会社勤めをしていると何か成果を出しても、

それが給料に反映されるのは半年、あるいは一年後とかです。

 

でも、副業は自分のやったことがうまくいった場合、

成果がすぐに金額として見えるようになります。

※実際に使えるようになるまでには振り込まれるまでのタイムラグはありますが

 

これ、一度味わうと分かるんですが、

めちゃくちゃモチベーションにつながります。

 

会社では何かを頑張っても、大体は

「頑張ってもそれが目に見える成果に繋がらない作業」

です。

 

一度、副業で5万円でも稼いでみてください。

そしたら、「来月は10万に!!」と思ってめちゃくちゃやる気になります。

デメリット

で、デメリットです。

仕事以外での作業時間が必要

まぁ何より一番はこれですね。

副業やるなら、一日に30分でも一時間でも、

どうしたって本業以外に作業時間が必要になります。

 

お金自体嫌いな人はいませんが、

お金を得るための作業が好きな人っていうのはほとんどいませんよね。

 

「毎日仕事でクタクタ。家にいる間はゆっくり休みたいんだ!」

という人には、副業を続けるのは難しいです。

確定申告がめんどくさい

そして二つ目はこれ。

 

サラリーマンをやっていると年末にいくつか書類を出すだけで、

後は会社がよしなにやってくれる税金関連の作業。

 

副業を始めると、会社から許可をもらっているかどうかに関わらず、

年度末に自分で確定申告をやる必要が出てきます。

 

入ったお金と出ていったお金をそれぞれ記録し、

必要なら領収書なんかも貼り付けて税務署に提出するんですが、

一体何が必要なのか、めちゃくちゃ分かりにくいです。

特に一回目の確定申告は。

 

税理士に相談してやるのが一番手っ取り早いですが、

当然お金が必要になるのでそこは懐とご相談…。

 

一度やれば「こんなもんか」と思えますが、

とにかく最初は必要なものを調べたり整理したりするのがめんどくさいです。

会社にバレないように注意しないといけない

あと会社に内緒で副業やっている人はこれもちょっと面倒ですね。

 

基本的に会社にバレないようにするには、

  • 会社で副業の話をしない
  • 確定申告の時に徴収方法の選択欄で「普通徴収」を選ぶ

の二つを抑えておけばまず大丈夫ですが、

それでもどこかから漏れる可能性はゼロではありません。

 

日本の法律上、副業を全面的に禁止することはできませんが、

大体の会社では「会社の許可を得てからしか、副業をしてはいけない」という規則があることが多いです。

 

これを破った場合の処罰(解雇等)は企業の裁量に委ねられていますし、

仮に解雇されなかったとしても社内には居づらくなります。

 

そのあたりもよく考えて、うっかり同僚なんかに「副業で稼いでいるんだ」なんて漏らさないようにしましょう。

まとめ

というわけでメリットとしては、

  • 収入が増える
  • 人脈が得られる
  • リスク回避
  • 時間を無駄に使わなくなる
  • 成果がそのままお金になる

であり、デメリットは、

  • 仕事以外での作業時間が必要
  • 確定申告がめんどくさい
  • 会社にバレないように注意しないといけない

という感じです。

 

 

とはいえ、やっぱり自分で稼げるようになると生活のレベルや考え方、関わる人々、

そして生き方すら変わってくるので、今より収入を増やしたいのであれば、

転職やアルバイトなど一時的なものではなく、

長く大きな成果も出せる副業を、僕は強くお薦めします。

 

 

それでは今日はこの辺で。

ではでは。


この記事が役に立ったならポチっと押してくださると嬉しいです!