こんにちは、すこれおです。

 

今日はSEである僕が転職しようと思い立った時のお話。

収入アップの為の転職を考えている方には、参考になるかもしれません。

※なんだか最近本業の話ばっかりしてる気がします。笑

僕が三年目に転職活動を開始するまで

転職しようと思った理由

そもそも、なぜ僕はそれまで勤めていた会社を辞めて、転職をしようと思い立ったのか?

 

その理由はシンプルに一つ。

…たぶん想像つくんじゃないでしょうか?

 

そう、給料がなかなか上がらなかったからです。

 

まぁわかりやすいですよね。笑

 

 

当時の僕はお金が欲しくてたまりませんでした。

会社の給料だけでも普通に暮らしていく分にはまったく問題ありませんでしたが、

そう遠くない未来に訪れる(はずの)結婚資金、

そして家を買ったり、子どもができた時の生活費、

そして実家で暮らしている両親に何かあった時のため。

 

そうやって将来のことを考えると、

当時の会社の給料だけでやっていける気は全くと言っていいほどしませんでした。

なので、自然と「どうにかして収入を上げなければ!」と考えたわけです。

 

 

とは言っても普通のサラリーマンにとって、

収入を上げる方法っていうのはそういくつも思いつくものではありません。

 

それは当時の僕も同じで、

  • 今の会社で出世する
  • 転職する

という二つの選択肢しかありませんでした。

 

で、「今の会社で出世」はどうしても時間がかかるので、

まずは手っ取り早く収入を上げられる可能性がある転職を、と考えたわけですね。

 

ごくごく普通の、転職動機でした。

 

 

…ちなみに、当時の会社での人間関係はすこぶる良好でした。笑

比較的人には恵まれていたため、

人間関係のストレスが原因で転職を考えた、

ということは全くありません。

 

ただ、上司が常に疲れた表情をしていたのは印象に残っているかなぁ…。

三年目SEの転職活動

当時の僕の強み

「まだ社会人三年目やけどIT系の資格は同期の中でも一番取ったし、

 病気で会社を休んだこともほとんどない。

 転職で収入アップ間違い無しやろ!」

 

当時の僕はこう考えていました。

 

特に資格に関してはそれなりに難関と言われるものをいくつも取り、

その内の一つは数十万円の研修を経てようやく認可されたものでもあったので、

それだけでも僕のことを採用したいと思う企業はわんさかあるはずだ、

と真面目に考えていました。

 

実務経験は誰がどう見ても大したことないのに。

意気揚々とリク○ートへ

「転職サイトはどれにしよかな…やっぱ大手で安心やしリクル○トやな!」

 

で、転職活動をする時に最初に決めないといけないのがどの転職サイトを使うか。

リクナビ、転職ナビ、キャリアカーバーなど色々ありますが、

やっぱり最大手だろうということで、あまり迷うことなくリクナビに登録しました。

 

で、リクナビに登録したら後はいい感じに転職サイトやそのエージェントがどうにかしてくれるのかなーと思っていたのですが…ここで意外とめんどくさいイベントがあります。

三年目では職務経歴書の作成が厳しい

それが、書類選考用の職務経歴書の作成。

就職活動の時に書いたエントリーシートみたいなものですね。

 

これ、さすがにこの時点で志望理由とかを書く必要はないんですが、

自分の職務経歴、つまりどういう立場でどういう仕事をしてきたかをこと細かに書かないといけません。

それも"魅力的"に。

 

書類審査なんて、目立ってナンボです。

企業の採用担当者「お、この人ちょっといいかも?」って思ってもらえないと、

あっさり落とされてしまうんですから。

 

 

…が、さっきも少し書いたように僕、三年目で大した経歴ってなかったんですよね。

プロジェクトを一つか二つ経験し、その中で普通にリーダーから作業振られて開発をかテストとかやってただけなので。

 

で、結局どうしたかというと、

プロジェクトでリーダーやってたとか書いてもいいけど…どうせ面接で突っ込まれるしな…それに資格欄はめっちゃ書けるし大丈夫やろ!

そう考えてほんの、ほんの少しだけ(笑)内容を盛って、だいたい本当のことを書きました。

転職エージェントとの面談

職務経歴書を書いて提出したら、転職エージェントからメールか電話で連絡が来るので、一度面談に行きます。

 

この面談、他の転職サイトだと土日はやっておらず、

平日の19時とか業務終了後に対応するところが多いそうですが、

リクルートは土日も対応してくれます。

 

僕も土曜日に面談の予約をしました。

場所は東京八重洲のリクルート本社ビル。

 

「たっけー!エレベーターなんか透けてるー!!」って思ったのを強く覚えています。笑

 

面談の内容自体はそう難しいことではありません。

どんな職種に就きたいとか、こういう企業がいい、給料はどれくらい欲しいという希望を伝えるくらいです。

 

で、その時にエージェントの方から、

「あなたの経歴だとこういう会社がありますよー」

という候補をいくつか教えてもらえます。

 

その中でよさそうなところがあったら面接の申込みをしていく感じですね。

SEの転職で資格は有利になるのか?

この面談の時にエージェントさんに気になるところを色々聞いてみました。

具体的には、「IT系の資格を持っていると転職で有利になるのか?」といったところを。

 

で、もらった回答としては、

「資格だけで採用になるところはまずないですね。

 どうしてもIT系は職務経験の方が重視されます。

 資格はせいぜい、同じ経歴の人より有利になるか、

 少しだけ経験が多い人と同じくらいに評価される程度です」

 

で、でも難関資格とか持っててもだめなんですか?とさらに突っ込んでみましたが、

「取得に100万円ぐらいかかる超上級の資格なら、

 それを専門に扱う会社から声がかかったりはしますが…。

 例えばOracle Master Goldという難関資格でも、

 結局は一つの製品の知識を問うものでしかないので、

 ちょうどその知識を持つ人材が欲しい!となっている企業がないと、

 あまりメリットにはなりません」

ということでした。

 

資格って、取るのは大変だけど転職などではあまり役に立たないんですね…。

気になる転職での収入アップは…?

また、エージェントさんに希望年収を伝えたのですが、

「三年目ぐらい(25歳前後)だと転職で給料が大幅に上がることはほとんどありません。

 転職した後も結局はその会社の給料体系に組み込まれるので、

 上がったとしても50万円ぐらいが限度ですね」

とのこと。

 

「また、年収が上がるというのも大体は年俸制の会社に入った場合に見なし残業代が組み込まれるからです。

 年俸制だと残業代がなくなるので、実質的な労働時間あたりの単価は減ったというケースもよくあります」

マジでか…。

転職事情を聞いた結果

これらの話を聞いた結果、僕はすぐさま転職での収入アップを諦めました。

それはもうあっさりと。笑

 

ただでさえ転職すると人間関係が一からやり直しになるし、

新しい仕事の内容、会社の体質みたいなものを覚えないといけないですし、

収入も上がらないのではほとんど意味がありません。

(よほど嫌な上司がいたり仕事がキツイとかなら話は別ですが…)

 

なので結論としては、

「転職で収入アップが見込めるのは現時点で他人より優れた職務経験や成果がある人のみ。

 そうでないならデメリットが大きい。

 収入アップだけが目的なら、転職よりも他の方法を探した方が効率的」

といったところでしょうか。

 

…転職を諦めて収入を増やすために色々やってきた僕の場合、

お金の為にある程度時間を費やす覚悟があるなら、ネットでの副業をお薦めしています。

詳細が気になる方は以下のメルマガに登録してみてくださいな、

=>年収1000万を本気で目指す人のためのメルマガ

 

それでは今日はこの辺で。

ではでは。


この記事が役に立ったならポチっと押してくださると嬉しいです!