こんにちは、すこれおです。

 

今日は、

「問題点を見つけてから行動しないと、

 全てが無駄になる可能性がある…」

というお話です。

 

ちょうど、うちの近所の焼肉屋が身をもって悪い例を示してくれたので。笑


リニューアルした焼肉屋の末路

うちの近所、歩いて10秒ぐらいのところに、

小さな焼肉屋があります。

仮に焼肉屋Aとしましょう。


席数は全部で30席ぐらい。

テーブルと掘りごたつ式の座敷が合わせて6つぐらいの、

ほんとに小さなお店です。


お店は僕の通勤路上にある為、

毎日仕事帰りにお店の前を通る時は、

「(焼肉食いてー…)(゜-゜)」と外から

店内を覗いてみるのが習慣になっていました。笑

 

お店の特徴としては、場所は駅から徒歩10分ぐらい。

駅前からは少し離れた住宅街にある為、

昼でも夜でも、人通りはあまり多くありません。


一度だけ入ってみたことがあるのですが、

味はまぁ普通の焼肉屋、といった感じ。

 

"普通に美味しい"程度です。

 

値段も特別安くありません。

お肉が一人前1000円前後なので、大人二人で行けば、

7000円~8000円ぐらいはかかる程度です。

(お酒飲んだら一万円は超えそうですね)


要するに、これと言った特徴のない、

"住宅街にある普通の焼肉屋"なわけです。

 

 


そんな焼肉屋Aがどういうわけか、

半年ほど前に突然一ヶ月ほど休業した後、

リニューアルオープンしました。

 

 

理由はまぁ…客数が減ったからでしょうね。

 

元々そんなに人通りが多くなかったことに加え、

ちょうどリニューアルの半年ほど前に、

近くに別の焼肉屋Bがオープンしていたので、

そちらに売上を取られる形になったのでしょう。

 


新しくできた焼肉屋Bは、

  •  焼肉屋とは思えないオシャレな外観
  •  印象に残るお店のキャッチフレーズ
  •  やや高級志向の値段、メニュー設定
  •  初回のみコース半額のチラシを配る

など、色々と顧客獲得に頑張っていたようですし、

何の特徴もない焼肉屋Aから、

そちらにお客が流れたとしても不思議ではありません。

 

 

 

で、Bに対抗してリニューアルした焼肉屋Aですが、

具体的にどう変わったのかというと、

  •  外観が少しだけ綺麗に
  •  高級志向のメニュー設定(お肉は全部A4,A5等級のみ)

という風になりました。

 

明らかに焼肉屋Bを意識してますね。笑

結果として、同じようなお店が二つ、うちの近所にできたことになります。

 

 

さて、そこからおよそ半年経ちました。

 

焼肉屋Aもリニューアルで客足を取り戻す…かと思いきゃ、

お店は4月末で閉店してしまいました…。

 

 

その時の僕の感想。

「そりゃそうやろ…(´・ω・`)」

 

 

だって、同じようなお店が二つあるんですもん。

住宅街でそこに住んでいる人の数は変わらないのに、

焼肉屋Aしかなかった頃の売上に戻るはずがありません。

 

 

その焼肉屋Aが取るべきだった戦略は、

  •  価格帯を下げて焼肉屋Bとは別の客層をターゲットにする
  •  集客に力を入れて客の絶対数を増やす

のどちらかだったはずです。

 


リニューアルにも数百万単位のお金がかかったでしょうに、

どうしてわざわざ同じ土俵で顧客を取り合おうとしたのか…。

 

 

ネットビジネスでも同じことが言えます。

初期投資が多くても10万円程度なので

破産したり借金を背負う可能性はありませんが、

 

ちゃんと自分にある【問題点】と、適切な【対策】を考えて行動しないと、

「何百時間も費やしたけど、結局何の成果も出なかった」

という結果になりかねません。

 


今、自分の抱えている問題は何か?

 集客?

 記事などブログコンテンツの質?

 それとも販売する商品自体の魅力?

問題点を一つずつ洗い出して、それぞれに適切な対策を打ち出していけば、

そう遠くない将来に必ず成果は出ます。

 

ただ何となく努力をするのも何もしないよりは良いですが、

せっかく時間を費やしてビジネスを始めようと思ったのです。

どうせなら、効率的に行動して、短い時間で成果を出せるようにしたいですよね。

限りある時間、有効に使っていきましょう◎

 

というわけですこれおでした。

ではでは。


この記事が役に立ったならポチっと押してくださると嬉しいです!