こんにちは、すこれおです。

 

知識ゼロからでも分かる確定申告まとめ、その3。

青色申告と白色申告の共通点を解説した前回の記事はこちら

 

今回は青色と白色、それぞれの特徴について解説していきます。

実際に青色と白色で節約できる金額の違いとかも書いていくので、

ぜひご自身の収支に当てはめて、役立ててみてください。

青色申告の特徴

まずは、青色申告の特徴から。

青色申告の65万円控除と10万円控除

まず、一口に青色申告と言っても実は2種類あります。

 

それが、「65万円控除」と「10万円控除」。

その名の通り、「所得から最高で65万円を控除した額」で税金計算ができるものと、

「所得から最高10万円を控除した額」で、税金計算ができるものです。

 

例えば一年間の利益が100万円だったとして、

65万円控除なら 100万 – 65万 = 35万 を利益として税金を計算します。

10万円控除なら 100万 – 10万 = 90万 を利益として税金を計算します。

 

当然、利益が少ない方が税額は安く済みますので、65万円控除の方がお得なわけです。

 

だったら誰でも65万円控除にしたいですよね?

しかし、65万円控除を受ける為には、以下の条件を全て満たす必要があります。

(1) 不動産所得又は事業所得を生ずべき事業を営んでいること。

(2) これらの所得に係る取引を正規の簿記の原則(一般的には複式簿記)により記帳していること。

(3) (2)の記帳に基づいて作成した貸借対照表及び損益計算書を確定申告書に添付し、この控除の適用を受ける金額を記載して、法定申告期限内に提出すること。

なんだか難しそうに見えますが、要するに事前にちゃんと「開業届」を出して、

複式簿記」という方法で収支を記録しておき、

確定申告時に正式な損益計算書を提出してくださいね、ということです。

 

「開業届」と「損益計算書」についてはあまり問題ではないのですが、

「複式簿記」というやつがなかなかめんどくさいです…。

具体的な説明はまた別の記事で行いますね。

控除額が大きい=支払う税額が安い

次に青色申告の2つ目の特徴としては、支払う税額が安く済む、という点。

一般的に青色申告の特徴として一番に思い浮かべられるのがこれですね。

 

上の65万円控除のところでも書きましたが、

青色申告はちゃんと収支を複式簿記でつけておけば最大65万円の控除が受けられる為、

結果的に収める税額が安く済みます。

 

これが、「どうせ確定申告するなら青色申告の方が良い」と一般的に言われるゆえんですね。

事前に申請が必要

ただ、収める税額が安くなる分、もろもろの手続きなどは少し面倒になります。

 

まず、青色申告を行うにはちゃんと

「こういう事業を始めます」ということを事前に国に報告しておかなければなりません。

そのための手続きの一つが、「個人事業開業届」の提出です。

 

単純に「この日からこんな事業を起こします」という内容の書類を提出するだけで良いので、

この申請自体はさほど難しいものではないのですが、

確定申告の時期までにやっておく必要があるので要注意です。

※大抵の副業アフィリエイター(僕含む)は、いざ確定申告の時期になってから調べて、

 ようやくこのことを知るので、青色申告をしたくても、

 開業届けや青色申告承認申請の提出が間に合わない場合が多いです。

 

そしてもう一つ、「青色申告承認申請」も提出しておく必要があります。

こちらも確定申告の時期までにやっておかなければならないので、

「青色申告で支払う税金を安くしたい!」という場合は開業届と一緒に提出しておきましょう。

帳簿付けがめんどくさい

で、青色申告をするにはそれらの届けだけでは足りません。

収支を複式簿記で記帳しておく必要があります。

※一方で、白色申告で使用される帳簿の書き方は、単式簿記と呼ばれます。

 

単式と複式で何が違うのか?なんですが、ものすごく大雑把に言うと、

 

・単式はお小遣い帳のようなもので、お金が出たり入ったりしたタイミングで、

 その金額を記帳しておく書き方。

 

・複式はそれに加え、そのお金の出入りが本人にとって「資産」になるのか、

 「負債」になるのかについての考慮を加えた書き方です。

 

例えば、消費者金融で10万円のお金を借りてきた場合、

単式簿記では、一応あなたの財布の中のお金は増えますので、「収入」になります。

しかし複式簿記だと、それはあくまで借入金という科目になるので、「負債」の方に計算されます。

 

単式だと、単純に10万円を「収入」として捉えてしまう為、

今自分の資産が合計どれくらいあるのかが分かりにくいです。

 

「あ、財布の中に10万円あるしPS4買っちゃおー」みたいに考えてしまう可能性があるわけです。

 

それに比べ、複式簿記であれば、10万円はいずれ返さなければならないお金だと判断できるので、

今自分が自由に使えるお金がどれくらいあるのかがより正確に分かりますよね?

 

複式簿記だと、一定のルールに基づいて帳簿を付ける必要があるため、

会計の専門知識がない素人が書くのは難しいのです。

 

 

……が。

最近では、画面に従って収支を入力していくだけで、

自動で複式簿記の形に転記してくれる便利な会計サービスがいくつも出てきています。

会計freee ”なんかがその代表例ですね。

 

こういったサービスを使えば、複式簿記での記帳も専門知識がほぼ不要になってきているので、

青色申告に対するハードルは以前よりもずっと低くなっています。

 

なので結論を言ってしまうと、複式簿記で書かなければいけないからといって、

あまり構えてしまう必要はありません。

 

青色申告の特徴はこんなところですね。

白色申告の特徴

では、次に白色申告の特徴について見てみましょう。

控除金額は少ない=支払う税額が高い

いきなりデメリットからですが、

青色申告とは反対で控除金額が10万円と少額のため、支払う税額が高くなります

 

本業の収入にもよりますが、副業アフィリエイターなら、

まず稼いだ金額の2割ぐらいは持って行かれると思った方が良いです。

 

僕の場合、初めて確定申告をした時は白色で行ったのですが、

アフィリエイトで大体150万ぐらい稼いで、所得税だけで20万近く取られました。

※そして後で住民税も取られるという…

 

あまりにも悔しくて後で計算してみたのですが、

青色申告だったら10万円以下で済んだみたいです…およそ半額ですね。

(10万あれば一体どれだけのことができたというのか…)

帳簿付が簡単

ただその一方で、帳簿付けは非常に楽ちんです。

 

僕も最初は例に漏れず、3月に入ってから慌てて確定申告を始めたクチなので、

この点に関してはありがたかったです。

 

白色申告で必要なのは、

  • 3/5 売上 +30,000
  • 3/6 教材購入 -10,000

のように、「いつ、どんな理由で、いくらお金が出入りしたか」だけです。

 

なので、とりあえずめんどくさいことは考えずに

「稼ぐことだけに頭を使いたい!」という方にはこちらがお薦めです。

副業なら青色と白色、どっちが良いの?

で、結局副業アフィリエイターにとって、青色申告と白色申告のどちらが良いのか?

 

これに関しては、要するに手間とお金のどちらを重視するのか?によります。

なので、

  • 手間がかかってもできるだけ支払う税額を安くしたいのなら青色申告
  • 税額が高くなっても、できるだけ簡単に済ませたいのなら白色申告

という感じで、自分の重視する項目によって判断してください。

 

ただ、副業で稼ぐ金額が年間100万を超えてくると、

白色と青色で支払う税額がかなり変わってくるので、

それくらい稼げる見込みがあるなら、青色申告の準備をしておくべきだと個人的には思います。

 

 

まぁどちらの申告をするにせよ、

ネット上のクラウド会計サービスを使わないと無駄な労力が増えてしまうので、

会計サービスにはとりあえず登録しておいた方が絶対に良いです。

おすすめ

=>会計freee 

※登録無料

 

それでは今日はこの辺で、

ではでは。


この記事が役に立ったならポチっと押してくださると嬉しいです!