こんにちは、すこれおです。

アフィリエイトでお金を稼ぐ際、避けては通れない確定申告…。

※避けたら違法です。笑

 

僕も初めて確定申告をした時は色んな情報が入り乱れていてなかなか苦労したにも関わらず、

終わってしまえば「あれ、これだけで良かったの!?」と拍子抜けした印象が非常に強いので、

今回はまだ確定申告をしたことがなく、納税に関する知識もほとんど持っていない人の為、

「アフィリエイターの確定申告なら、これだけ覚えて実施すれば大丈夫ですよ!」

という情報に絞って何回かの記事に分けて解説しようと思います。

確定申告の準備は後回しにするほどめんどくさい

副業を始めたばかりの人の中にはよく、

「その内確定申告しないといけないんだろうなぁ……

 でもまだ稼げてなくて関係ないし…

 稼げるようになってから調べればいいや」

という考え方の人がいます。

 

実際、僕もそうでしたorz

 

ですがそれだと、いざ実際に確定申告が必要になった時に、

  • 数百件におよぶ収支の記帳を一度に行わないといけなくなったり
  • 領収書を捨ててしまっていて本来経費で落とせるはずのものが落とせなかったり
  • 必要な書類が見つからないせいで余計に納税額が増えてしまったり
  • 期日までに確定申告を行わなかったせいで後で追徴課税が来たり

と、後々損をする可能性が高くなってしまいます。

 

また、確定申告の準備は初めにきっちりやり、

必要な書類を日頃からちゃんと集めておくと、後で確定申告書類を作成する時、

便利なオンライン上の会計サービスを使って帳簿付けは90%以上自動化できますし、

「必要な書類が無い!」と慌てることもなくなります。

 

なるべく納税に関する知識を最初につけておき、

確定申告を実際に行う1月~3月に慌てないようにしておいた方が総合的に見て絶対楽です。

※実際に「後回しにする=>直前になって慌てる=>終わってから後悔する」の流れを経験した僕が言うんだから間違いありません。笑

 

確定申告というとめんどうで難しいイメージがありますが、大丈夫です。

ちゃんと初めから順を追って理解し、準備していればさほど難しいことはありません。

 

まずは確定申告に関する基本的な知識を身につけた後、

青色、白色それぞれの申告手順を、このマニュアル通りに実践していきましょう。

確定申告までの大まかなスケジュール

ではまず最初に、確定申告までの大まかなスケジュールを確認しておきましょう。

なんとなく「確定申告は年度末の2月か3月ぐらいでしょ?」というイメージが有るかもしれませんが、

スケジュールは大体以下のようになっています。

 

確定申告の対象となる期間は1/1~12/31なので、

その期間は基本的に「領収書、レシートの整理」と、「帳簿付け」だけをやっておけばOKです。

 

ただし、税金の申告を「青色申告」で行いたい場合は、

この間に以下の2つをやっておきましょう。

  • 個人事業開業届の提出(開業から一ヶ月以内)
  • 青色申告承認申請書の提出(開業から二ヶ月以内)

※青色申告と白色申告の違いについては、次の記事で解説します

 

一応、どちらも「開業から○ヶ月以内」と書いていますが、

アフィリエイトの場合は「初めに報酬が発生した日」を開業日として大丈夫です。

 

で、年が明けたら3/15の申告期限までに、確定申告の申請書を作成します。

どうしても納税関連の作業は面倒な為、

2月後半や3月に入ってから作業を開始する人が多いですが、

可能な限り1月中に申請書を作成してしまいましょう。

 

理由は、不明点等があった場合、2月後半から3月は税務署も税理士も非常に混雑しており、

なかなか問い合わせができない為というのが一つ。

またもう一つ、直前になって「必要な書類が手元になくて、

取り寄せるのに時間がかかる!」という状態になってしまうことを避ける為です。

 


確定申告の期限は基本的に2/16~3/15です。

が、もしマイナンバーカードを既に持っているのであれば、e-Tax で1月中頃からパソコンで申請ができます。

e-Taxについて、今回は詳しくは取り上げませんが、

「どうしても仕事で平日休めず確定申告ができない!」という状態であれば、

休日でも申告できるのでe-Taxでの申請を考えてみても良いかもしれません。

 

というわけで色々と書いてきましたがとりあえずスケジュールで重要なのは、

  • 3/15が申告期限なので、それまでに申告書の作成、提出を行うこと
  • 青色申告の場合は、報酬が発生したら開業届と青色申告承認申請を提出すること

の、2点です。

 

確定申告の大まかなスケジュールについては理解できたでしょうか?

次回は「青色申告と白色申告の違い」について、解説していきますね。

 

 

それでは今日はこの辺で。

ではでは。


この記事が役に立ったならポチっと押してくださると嬉しいです!