こんにちは、すこれおです。

 

前回の記事で、キーワードスカウターとはどういうツールなのか?

使うことでどういうメリットが得られるのかをざっと解説しました。

 

キーワードスカウターは確かに便利なツールですが、

何も考えずにただツールをぽちぽちしても、

アクセス数を増やすきっかけとなるお宝キーワードは見つけられません。

(というか、きちんと解析結果の見方を知っておかないと、どれがお宝キーワードなのか分かりません)

 

なので今回は、「キーワードスカウターを使って実際にアクセス数を爆発的に伸ばすには、どうすればよいのか?」について具体的に説明していこうと思います。

アクセスアップのための効率的な使い方

キーワードスカウターでお宝キーワードを見つける際には、

  • 関連キーワードの探し方
  • (上位表示しやすさの)解析結果の確認

この二つのタイミングでそれぞれ意識するべきことがあります。

 

難しいことではないので、順番に説明していきましょう。

1.基本は「商品名やサービス名」で探す

さて、まず関連キーワードを探す時に注意するべきことですが、

基本的には「商品名やサービス名」を軸にして関連キーワードを検索してください。

 

具体的には、キーワードスカウターを開いて左上の「直線or関連ワード入力」ボタンをクリックして、関連キーワードの検索画面を起動します。

 

次に、自分が紹介したい具体的な商品名を入力して、「キーワード拡張ピックアップ」をクリックしてください。

 

その下にある「キーワード拡張」のチェックボックスは、必要に応じてチェックを入れてください。

※個人的には、Googleの関連キーワードと、yahooの虫眼鏡ワードを基本にして、十分な結果が得られなかった場合だけ、他のチェックも入れて検索するようにしています。

 

 

基本的にはこれだけでお宝キーワード"候補"が検索されます。

 

十分な数のキーワードが検索できたら、「すべて追加して閉じる」ボタンをクリックして、元の画面に戻ります。

 

「どうして商品名やサービス名で検索するのか?」

という疑問が湧くと思いますが、回答はいたって単純。

「商品名やサービス名で検索する人は、それに対する購入意欲が高い人だから」です。

 

どうせなら購入意欲が高いキーワードでを見つけた方が、

報酬が得やすいことは言うまでもありませんね。

 

キーワードの検索はここまで。

次は、上位表示のしやすさ解析です。

2.解析条件

元の画面に戻ったら、「解析開始」ボタンをクリックしてそれぞれのキーワードの上位表示のしやすさを解析します。

 

「解析開始」ボタンをクリックすると、以下のように解析条件を設定する画面が起動します。

特に変更する必要はないので、そのまま「この条件で開始」ボタンをクリックします。

※単純にそれぞれのintitle件数、allintitle件数だけ取得したいという場合は、「SEOmoz解析関連」のチェックを外すと、処理にかかる時間を大幅に短縮できます。

 

普通に解析を行うと、キーワード一つあたり数十秒ぐらいはかかるので、何か他の作業を進めて結果を待ちましょう。

3.狙い目となるキーワードの条件

解析が完了したら、次の二つの条件を満たすデータを探していきます。

  • intitle件数 ÷ allintitle件数 >= 20
  • 実被リンク > 100

これらの条件を簡単に説明すると、一つ目の条件は「そのキーワードでの上位表示のしやすさ」を示しており、

二つ目の条件は、「そのキーワードの需要の多さ」を示しています。

 

つまり上記二つの条件を満たすということは、「需要が多く、上位表示がしやすい」キーワードというわけですね。

 

こんな↓風にエクセルに貼り付けると分かりやすいです。

 

解析結果をCSVに出力して貼り付けるだけで、

条件を満たすキーワードの行を朱色で塗りつぶしてくれるエクセルを置いておきますので、

もし使ってみたい方はご自由にご利用ください。

=>キーワード解析.xlsx

※条件を満たす業の塗りつぶしは5000行目あたりまでです。

まとめ

というわけで今回のまとめとしては、

■「商品名やサービス名」を軸にして関連キーワードを探す

■以下の二つの条件を満たすキーワードを探す

  • intitle件数 ÷ allintitle件数 >= 20
  • 実被リンク > 100

でした。

 

実際に僕はこれらの手順でキーワードを検索した結果、

「Yahooの予測キーワードであるにも関わらず、ほとんどライバルがいない複合キーワード」

を見つけることができ、一ヶ月後にPV数が軽く1万ぐらい増えたことがあります。

 

キーワードスカウターはあくまでツールなので、

それを使えばすぐに稼げるようになる、といったものではありませんが、

使い方を工夫すればめちゃくちゃ強力な武器になります。

 

ツールに頼るのではなく、ツールを駆使してライバルに差を付ける、

という意識でいると、結果につながりやすくなること間違い無しです。

 

 

それでは今日はこの辺で。

ではでは。


この記事が役に立ったならポチっと押してくださると嬉しいです!