こんにちは、すこれおです。

 

みなさんはインターネット上の情報見るのに、ブラウザは何を使っていますか?

IE?Edge?一昔前にはやったFireFox?

Macの方なら標準で入っているOperaでしょうか。

 

注1)ブラウザとは?

インターネット上の情報を見るためのアプリケーションのこと。

インターネットエクスプローラー(以下IE)や、FireFox、chromeは、ブラウザの一種ということになります。

 

もし、あなたがブログを持っている、あるいはこれからブログを作ろうとしているなら、

ブラウザはとにかくchromeを使っておくことをお薦めします。

 

僕、本業ではITエンジニアをやっていますけど、ITのプロでchromeを使ってない人いないです。

chromeがいい理由

と言ってもただお薦めるすだけでは理由が分からないと思うので、

まずはchromeを使うメリット解説してみましょう。

早い

まずは何よりサイトの表示が早いこと。

日々色んなサイトを見たり、自分のブログをチェックしたり、

調べ物をしたりするのに最適ですね。

 

ちなみにインターネットエクスプローラーと比べると、誇張なしに倍ぐらい早いです。

(最近だとEdgeがchromeに匹敵するぐらい早いらしいけど認めたくない。笑)

Google公式のツールとの親和性が高い

そして何よりこれ。

GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールなど、

Googleが提供しているツールとの親和性が非常に高いです。

 

拡張機能を使うと、いちいちアナリティクスのページを開かずに、

自分のブログのどこがよくクリックされているかなどを見ることができ、非常に便利。

複数端末での自動共有

スマホとPC、またはタブレットなど、複数の端末を使う場合でも、

それぞれにchromeを入れておけば自動でブックマークや設定を同期してくれます。

 

「今朝PCで見てたあのサイト何だったっけな…?」とかいう場合でも、

スマホでchromeの履歴を見ればPCでの閲覧履歴も残っているので、

すぐに開くことができます。

豊富な拡張機能

そしてこれ。

上でもちらっと触れましたが、chromeには超便利な拡張機能を付与し、自在にカスタマイズすることができます。

 

一度入力したWebサービスのIDやパスワードを自動で管理、入力してくれる神ツールのLastpassや、縦長の画面のスクリーンショットを1クリックで取ってくれるFull Page Screen Captureなど、非常に便利なツールが沢山あります。

 

しかもそのほとんどが無料。

 

あんまり日々の生活で見る機会はないかもしれませんが、一度時間を取ってchrome用の拡張機能を調べてみると、驚くほど便利なツールが見つかったりしますよー。

 

ちなみに、僕のイチオシはこれ。

SimilarWeb

何かというと、今自分が開いているサイトの、おおよそのアクセス数や主な流入ワードを調べてくれるもの。

ライバルサイト上でこれを使えば、大体のアクセス数と流入ワードが分かるので、

これを使って自分のサイトよりアクセス数の多いところの流入ワードを調べ、

同じキーワードで高品質な記事を書けば、アクセス数を爆発的に増加させることも可能。

 

正直、これだけでもchromeを使う価値があります。

chromeのデメリット

と、いいところばっかり挙げてもGoogleの回し者としか思われないので、デメリットも挙げておきましょう。

メモリ使用量が多い

chromeのデメリットと言えばこれ。

chromeはタグを開けば開くほど、または拡張機能をインストールすればするほど、多くのメモリを使用します。

 

最近はある程度改善されてきてもいますが、それでもメモリ2GByte以下のPCで、いくつもタブを開いたり拡張機能を入れたりするとめっちゃ重くなります。

(当然、それ以外に入れているソフトにもよりますが)

 

メモリが4GByte以上あれば問題ないですが、もし非力なPCを使っていて、

Chromeを入れたけど動作が超遅い!という場合はEdgeとかの方が良いかもしれません。

まとめ

というわけで今回のまとめ。

・Chromeは早い

・拡張機能が超便利

・ただメモリが少ない(2Gbyte以下)PCだとちょっと遅いかも…

 

とりあえず自分でブログを持っていて、上位表示を目指したいならChromeを使っておくことをお薦めします。


この記事が役に立ったならポチっと押してくださると嬉しいです!